風たちぬ・・・

風たちぬを見てきた
「堀越二郎です。どうぞよろしく。」
久しぶりに映画を見に行ったがどうも宮崎駿監督の最後の作品となったようだ。
空のきれいさと草原に吹く風がとても印象的に残っている。
出会いとわからのシーンに風がある。
時々どこかで見たようなキャラクターが登場すると、
あこれはあいつだと得意そうににやけてみたり。
母親と穂奈美、紅の加藤登紀子の印象が重なる。
二郎の設計のシーンもかなり時間と指導が入ったのだろうと思う。
夢を求めていく二郎と自分がなんだろう、フラッシュバックのように重なる。
夢を求めてガムシャラになると大切な人の時間?人生?を
奪っていくものなのだろうか。
大切な人を幸せにするつもりでガムシャラになるのに・・・
友人の通夜に行ってきた。
どうにも辛いものだ、10年以上無沙汰をしてしまって、
また、もう一度のむ時間を作っておけばよかったと思悔しくう。
こいつも何かの機会に酒を飲み、語り合った友人。
嫁さんも共通の友人だったのがいっそう、その時期の記憶を蘇らせる。
同じ思いを二度もやっている。
けっこう辛いものだ。そう思えば別れの場面はいくつあったんだろう。
あと25年あるとすれば・・・・などと考える。
帰ってTVを付けたら紅をやっていていっそう思いにしずんでしまった。
同じ空とこちらは海と飛行機の赤が記憶に焼きつく。
ユーミンの飛行機雲の話もいい感じ。


看護師さんが上手に転職する方法
看護師子育て復職
米子で転職する看護師さんの求人